港区にある内科、眼科、トラベルクリニック、予防接種、健康診断、人間
ドック、プレシジョンメディシン外来

品川駅港南口 徒歩5分 / 品川インターシティB棟 2階

アクセス 診察時間
留学・ビザ検診の健康診断 留学・ビザ検診の健康診断

留学・ビザ検診の健康診断

アメリカ留学
アメリカには予防接種法があり州によって異なります。留学先の学校からMedical Certificate(健康診断証明書)に関する書類が届きましたら、早めに準備に取り掛かりましょう。

Medical Certificateには予防接種と健康診断の二つが含まれているとこが多く、特に要求されている予防接種の回数を満たすために数か月かかる場合もありますので、留学等が決まりましたら早めにご連絡ください。

当院では22年以上の実績と経験をもとに英文診断書を作成しています。

アメリカ留学

アメリカには日本以外にも、中国・東南アジアや南米、アフリカなど様々な国から留学生が集まるので、その国々で流行している病気が持ち込まれないよう予防接種については厳しい決まりがあります。集団感染が広がらないよう未然に防ぐためにも、全入学生に対し予防接種が求められます。これは語学留学で参加する学生でも例外ではありません。
予防接種には自分自身を感染から守るだけでなく、周囲への二次感染を防いだり、海外へ感染症を持ち込まないためにも大変重要です。
予防接種と同時に健康診断書の提出も必要になるケースがあり、学生生活中に病気にかかった際に、健康診断書をもとに大学側で迅速に最適な治療が行うためにも求められるものです。
健康診断書はアメリカだけでなく、カナダ、イギリスなど他の国でも同様で、ビザの申請時に健康診断書類の提出が求められることもあります。

どういった予防接種が必要なのか

州や大学によって求められる予防接種の種類は異なりますが、基本的にMMRは多くの州で要求されます。

MMRとは、Measles(麻疹)、Mumps(おたふく風邪)、Rubella(風疹)の頭文字をそれぞれ取ったもので、アメリカの大学で授業を受けようと思えば、この3種類の免疫の証明が必要です。

大学によっては、ワクチン別に必要な回数を求めます。接種日を記入又は抗体検査の結果を添付しますが、接種日も過去10年以内など細かな指示を出している場合もありますので、大学側からの書類をよく読み、もれのないようにする必要があります。ワクチンによっては数か月かけて接種を行うものもあります。
他にも『髄膜炎』『水痘』『ポリオ』『B型肝炎』『破傷風』などの接種が、留学先の州や学校によって指定されたものが求められます。

州ごとに異なる予防接種

求められる予防接種の種類は、次の要件ごとに異なります。

 


州によって求められる予防接種の種類は異なります。

大学
大学では州で求められた予防接種だけでなく、大学独自で推奨する予防接種の種類を規定しているところもあります。

コース・学部・プログラム・学年・年齢
その他、大学のコースや学部・プログラムで異なったり、新入生や編入生といった学生の特性、そして学生の年齢で異なる場合もあります。

  1. ニューヨーク州
    ニューヨーク州にある名門大学の一つコロンビア大学では、『MMR』『髄膜炎』の2つの予防接種が必須となっています。
  2. オレゴン州
    オレゴン州のオレゴン大学では、『MMR』『破傷風』『ジフテリア』『百日咳』『水ぼうそう』が必須のものとして求められています。
  3. カリフォルニア州
    UCLAやUCバークレーなどカリフォルニア大学では、『MMR』『破傷風』『ジフテリア』『百日咳』『水ぼうそう』といった予防接種歴が必須のものとして求められます。
  4. マサチューセッツ州
    マサチューセッツ州にある世界に名だたるハーバード大学で接種が求められるワクチンは『MMR』『破傷風』『ジフテリア』『百日咳』『B型肝炎』『水ぼうそう』です。
  5. ワシントン州
    ワシントン州にあるワシントン大学では、『はしか』が必須のものとして求められています。

実際に留学する先の州や大学でどういった種類の予防接種が求められているかは、進学される大学で最新情報をチェックするようにしてください。

アメリカ各州で定められている世簿接種が確認できるサイト

アメリカ留学 問い合わせ

1.電話で問い合わせ

まずはお電話ください。内容をお伺いいたします。

2.指定フォーム又は詳細が記載された書類をメールで送信

<送付時にお知らせいただく事項>

  • お名前(漢字、カナ)
  • 日中のご連絡先お電話番号
  • 生年月日
  • 母子手帳(ワクチン接種の部分)又はワクチン接種証明書等(※必要な場合のみ)
  • 書類提出期日(わかる場合)
  • 送っていただく書類の総ページ数

メールで送信

3.予約

頂きました書式(診断書)の内容をもとに、検査内容の確認、費用、作成日数等をお伝えします。この時点でご来院日を確定します。

 

4.医師との問診、検査等

【診察と検査】

  • 必要な検査・予防接種を行います。
    ※結核検査はT-spot検査、QFT検査、ツベルクリン反応検査からお選びいただけます。ツベルクリン反応検査は接種2日後に再度ご来院いただき判定を行います。(2日後が土・日・祝日に当たることがないよう、ご注意ください)

結核検査の種類について
 

【ご来院時の書類】

  • 指定フォーム
  • 母子手帳
    (ワクチン接種履歴を記入する場合は、母子手帳をお持ちください。お持ちでない場合は、抗体検査を行います。)
  • 他院で接種した予防接種証明書(病院、診療所で発行されているもの) 等

 

5.Medical Certificateの作成完了

可能な限り最短で作成いたします。最終来院日に全ての結果が出ている場合は、その場でお渡しします。検査結果により時間がかかる場合は、後日郵送またはご来院にお渡しします。

スペインビザ用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください

台湾留学ビザ用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。

マレーシアMM2Hビザ用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。

韓国留学 結核検査用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。

韓国F-6 結婚移民ビザ用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。

シンガポールビザ申請用<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。

シンガポールビザ取得(12歳未満の子どもの予防接種)<健康診断>

詳細はこちらよりご確認ください。