マイコプラズマ肺炎、気管支喘息 呼吸器内科-港区の品川イーストクリニック

港区-品川イーストクリニック 内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドック
港区-品川イーストクリニック 内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドック  
ホーム内科 > 呼吸器内科
ホーム
内科
呼吸器内科
循環器内科-不整脈、胸痛、狭心症、心筋梗塞
高血圧
高脂血症
動脈硬化
花粉症
インフルエンザ
睡眠時無呼吸症候群
禁煙外来
ニンニク注射、ビタミン注射
感染症内科
眼科
トラベルクリニック 予防接種
健康診断
産業医
ご案内

内科 眼科 健康診断 トラベルクリニック 予防接種 海外渡航健康診断
 
携帯サイト モバイルサイト
 
内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドックに関するご案内
ドクター紹介
アミノインデックス がんリスクスクリーニング
ニンニク注射、ビタミン注射、ビタミン点滴
ニンニク注射、ビタミン注射、ビタミン点滴10回分チケットで1回分無料
トラベルクリニック 予防接種 海外渡航 留学 赴任
Twitter 始めました
ドクター&スタッフ ブログ
各種メディア・取材のお問い合わせ
 
火曜日午前担当:二宮先生が
所属されています
プロフェッショナル・ドクターズ・ネット
予防接種 トラベルクリニック 海外派遣健康診断
呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科が扱う疾患はきわめて多彩であり、かぜ症候群や細菌性肺炎、結核などの感染性疾患から、気管支喘息(ぜんそく)などの免疫・アレルギー疾患、原因不明の間質性肺炎、肺がんなどの腫瘍性疾患など様々なものが含まれます。 これらの中で、当クリニックでも診ることが多い症状や疾患について解説します。

咳(せき)

 咳はほとんどの人が何度も経験したことがある症状であり、医療機関を受診する理由の中で最も頻度が高いものの一つと言われています。咳自体は気道内の異物や分泌物を排除するための生体防御反応ではありますが、激しい咳や長引く咳は大変つらいものです。電車の中や職場などで肩身の狭い思いをすることもあり、なんとかして早く止めて欲しいという訴えは少なくありません。

 かぜ症候群の場合にしばしば処方される“咳止め薬”の多くは、中枢性鎮咳薬に分類される薬であり、中枢神経(延髄)での咳反射を抑えることで作用します。病態によっては有効な薬ですが、あくまでも対症療法であり、原則として短期間の使用にとどめるようにします。かぜ症候群のほとんどはウイルスが原因ですので、抗菌薬の効果はないため不要ですが、百日咳やマイコプラズマ肺炎の場合は、適切な抗菌薬(抗生物質)の投与が必要となります。

 2〜3週間以上、咳が続いている場合は胸部レントゲン検査をおこなって肺炎や結核、肺腫瘍などの有無を確認します。レントゲンで異常がなく、コンコンという乾いた咳が特に夜間や早朝に多い場合には、咳喘息の可能性があります。咳喘息では通常の咳止め薬はあまり効果がなく、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が著効します。その他にも胃液の逆流や鼻汁が喉の後ろに漏れる状態(後鼻漏)、ストレス(心因性)などによっても咳が続くことがありますので、正しい診断をおこなうことが重要です。

インフルエンザ

 インフルエンザは、毎年12月頃から3月頃まで日本中で流行を繰り返す疾患で、A型(H3N2[香港型]とH1N1pdm09)とB 型が臨床的に問題となります。かぜ症候群(ライノウイルスやコロナウイルスなどによる急性上気道炎)に比べると一般的に症状が強く、高齢者や乳幼児では肺炎や脳炎などを合併して重症化することがあるため注意が必要です。

 インフルエンザの潜伏期間(感染してから熱などの症状が出るまでの期間)は1〜2日です。発熱や倦怠感(だるさ)、筋肉・関節痛、頭痛などの全身症状や、ノドの痛みや鼻水、咳などの上気道の症状が中心ですが、吐き気や下痢などがみられる場合もあります。

 診断には、鼻や喉の奥を綿棒で拭って10分程度で結果が出る迅速検査があり広く普及しています。たいへん有用な検査法ですが、結果が陰性(インフルエンザの反応が出ない)であってもインフルエンザを完全に否定することはできませんので、症状や流行状況などから臨床的に診断することもあります。

 治療としては、発症後48時間以内の抗インフルエンザ薬の投与が有効で、発熱などの症状を数日早く改善し、重症化を防ぐ効果があります。抗インフルエンザ薬は、一定の条件(家庭内の罹患者あり、65歳以上など)付きで予防薬として使用することが認められていますが、保険適用外となります。諸事情で予防内服を希望される場合は、全額自費診療となることをご理解の上でご相談ください。

 予防のために最も重要なのはインフルエンザワクチンの接種です。流行が本格化する前の11月〜12月上旬頃に接種します。ワクチンによる発症予防効果は、流行年や年齢層などによっても異なりますが、約50〜60%程度です。このため、ワクチンを打っていても発症してしまう人は少なからず存在しますが、重症化や死亡を防ぐのに一定の効果があることは証明されており、国内外の専門家は毎年のインフルエンザワクチン接種を推奨しています。

 

マイコプラズマ肺炎

 肺炎マイコプラズマという、ウイルスと細菌の中間のような微生物による感染症です。インフルエンザウイルスに比べると感染力はさほど強くはありませんが、咳をしたときの飛沫(しぶき)によって人から人に伝播しますので、家庭内や職場内などで広がることもあります。潜伏期間は2〜3週間と比較的長めです。

 発熱やだるさなどの初期症状の数日後より乾いた咳が出るようになり、次第に咳の程度が悪化して1ヶ月間ほど続きます。

 診断には、ノドの奥を綿棒で拭った検体を用いて肺炎マイコプラズマの抗原(こうげん)の有無を15分程度で調べる方法が使われています。また、胸部レントゲン検査で“すりガラス”様の淡い影がみられる場合もあります。

 治療には抗菌薬が用いられますが、ペニシリン系など通常の肺炎に使われることの多い抗菌薬は効きません。マクロライド系もしくはニューキノロン系の抗菌薬で治療します。基本的には予後が良い疾患ですが、まれに重症化することがあるため注意が必要です。

気管支喘息

 喘息とは、気道(気管支)の慢性的な炎症により、喘鳴(ぜんめい=呼吸する時にゼーゼーとなること)や呼吸困難、咳などの症状があらわれるが、自然に、あるいは治療によって元に戻るという特徴をもった疾患です。日本国内で300〜400万人の喘息患者がいると推定されており、呼吸器疾患の中でも有病率の高い病気の一つです。

 成人の喘息は慢性的な疾患であり、基本的に完治することはないため長期的な管理が必要です。軽症型から重症型まで個々の状態に応じて治療方針は異なりますが、吸入ステロイドを基本とする治療をおこなって、健常人と同様の日常生活がおくれるようにすると共に、将来にわたる呼吸機能を維持し、喘息死を回避することが、喘息治療の目標となります。

このページのTOPへ戻る

ホーム | 内科 | 眼科 | トラベルクリニック・予防接種 | 健康診断 | 産業医 | クリニックのご案内
個人情報保護法 | リンク | お問合せ | サイトマップ | English
品川イーストクリニック - 予防接種 トラベルクリニック TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved

内科-品川イーストクリニック 港区 予防接種 トラベルクリニック 海外派遣健康診断