品川イーストクリニックは港区にある内科、眼科、健康診断の総合クリニックです。 皆様のかかりつけ医として日々健康管理のお手伝い。

港区-品川イーストクリニック 内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドック
港区-品川イーストクリニック 内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドック  
ホーム眼科 > 症状から病気を探す
ホーム
内科
感染症内科
眼科
眼科 主な疾患のお話
眼科 各検査でわかること
コンタクトレンズ
トラベルクリニック 予防接種
健康診断
産業医
ご案内

内科 眼科 健康診断 トラベルクリニック 予防接種 海外渡航健康診断
 
携帯サイト モバイルサイト
 
内科 眼科 トラベルクリニック 予防接種 健康診断 人間ドックに関するご案内
ドクター紹介
アミノインデックス がんリスクスクリーニング
ニンニク注射、ビタミン注射、ビタミン点滴
ニンニク注射、ビタミン注射、ビタミン点滴10回分チケットで1回分無料
トラベルクリニック 予防接種 海外渡航 留学 赴任
Twitter 始めました
ドクター&スタッフ ブログ
各種メディア・取材のお問い合わせ
 
火曜日午前担当:二宮先生が
所属されています
プロフェッショナル・ドクターズ・ネット
予防接種 トラベルクリニック 海外派遣健康診断
主な眼科疾患のお話

症状から病気を探す




目が見えにくい
症状から考えられる原因・病気
  • 近視、遠視、乱視などの屈折異常 ・・ピントが合わない
  • 老視 ・・年をとって調節力が低下する
  • 弱視 ・・視機能の発達がなんらかの異常で妨げられてしまった
  • 目の使いすぎによって、一時的に近視がすすんだ調節緊張
  • 白内障 ・・水晶体が濁る
  • 緑内障 ・・視野が狭くなる
  • 網膜はく離や糖尿病網膜症などの網膜硝子体の病気
  • 視神経炎など視神経の病気
  • ぶどう膜炎 ・・虹彩、毛様体、脈絡膜の炎症
その他いろいろな病気の可能性があります。眼鏡を調整すればよいもの、点眼治療のできるものから、緊急手術の必要なものまでさまざまな病気が考えられます。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

暗いところで見えにくい
症状から考えられる原因・病気
  • 夜盲症、網膜色素変性症など

夜盲症とは、体内のビタミンA不足が原因で起こる病気で、暗闇で見えにくくなる症状が現れます。そのうち、先天性のものを『網膜色素変性症』と呼び、現在ではこちらの場合のほうが多いと言われています。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

目のかすみ
症状から考えられる原因・病気
  • 白内障
    遠くも近くもかすんで見えにくくなります。
    白内障は黒目の白濁が見られ、高齢者や糖尿病患者などに多い病気です。
  • ぶどう膜炎
    ぶどう膜(目の虹彩、毛様体、脈絡膜)に炎症が起きる病気です。ぶどう膜炎の症状には目のかすみの他に、視力低下、まぶしさ、充血、目の痛み、黒目の周囲の充血などの症状を伴うことがあります。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

見える範囲が狭くなった
視野狭窄とは、視野の一部分が見えない状態をいい、暗点とも呼ばれます。

そして、視野の中心に向かって見えなくなる場合は中心暗点と呼ばれます。
視野の一部が欠ける視野狭窄(暗点)が起きたときに考えられる病気について紹介します。

症状から考えられる原因・病気
  • 緑内障
    視野の中心に向かって見えにくくなる視野狭窄が見られることがあり、鼻側から視野が狭くなってきます。
  • 網膜はく離
    視野の外側や下側が見えない症状がみられます。
    そして、目の前にチカチカと何かが飛ぶように見える症状も現れることがあります。
  • 中心性網膜炎
    視野の中央が見えにくくなり、物がゆがんで見える症状などが現れます。
  • 脳腫瘍
    頭痛やめまいなどを伴うことが多いです。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

物が小さく見える / 物がゆがんで見える
中心性網膜炎が可能性の1つとして考えられます。

中心性網膜炎とは中心性漿液性脈絡網膜症とも呼ばれ、目の奥の網膜の中心部、"黄斑"に水がたまることで、視野異常を引き起こす病気です。
30代〜40代の男性に多く、主に片目に発症します。
中心性網膜の主な症状

中心暗点、中心部の色がおかしい、小視症、変視症(ものがゆがんで見える)など。

中心暗点とは視野の中心が暗くなる症状で、小視症とは物が小さく遠くに見える症状です。

上記のような症状が片目だけに起こります。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

虹のようなものが見える
症状から考えられる原因・病気
  • 緑内障
    虹が見える症状に加え、頭痛、吐き気、嘔吐を伴う場合、緑内障の可能性があります。
    緑内障とは目の眼圧(眼球内の圧力)が高くなることで視神経に影響を与え、目に障害が起きる病気です。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

チラチラするものが見える
症状から考えられる原因・病気
  1. 飛蚊症
    硝子体の濁りによって、目の前に黒いごみのようなものが飛んでいるように見えたりする症状のことを飛蚊症(ひぶんしょう)いいます。
    目の硝子体が濁る原因の1つには目の老化現象によるもので、このような場合の飛蚊症は心配いりません。
    なお、目の老化による飛蚊症(生理的飛蚊症)は、10代や20代の人でも起こることがあります。
  2. 網膜はく離
    飛蚊症で見られる黒いごみのようなものが突然増えた場合や見えにくくなった場合は網膜はく離や出血している可能性があり、すぐに眼科で診てもらう必要があります。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

物が二つに見える
症状から考えられる原因・病気
乱視、角膜の濁り、水晶体の濁り、水晶体偏位など

角膜(黒目)に濁りがある場合や、水晶体が濁っていると、片方の目だけでものが二つにみえることがあります。

また、水晶体の位置が少しずれていると、水晶体偏位といって、ものが二つにみえることがあります。

乱視により、ものの輪郭がぼやけてみえるとき、二つにみえるという人もいます。

両目でものをみて二つにみえる場合は、目の協調がうまくいっていないことが原因となります。

突然ものが二つにみえるようになった場合は、脳内に出血や炎症がある場合があります。

読書などで目が疲れたときなどは、文字が二つにみえることがあります。

眼球近くの鼻洞などに炎症や腫瘍があって眼球が極端に一方に押されて、そのために協調してものをみることができなくなり、二つにみえてしまうこともあります。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

目の痛み
目が痛む、痛みの種類にもいろいろな痛みがあります。

目の痛みに伴い、視力の低下やまぶしくて目が開けられない症状、視野が欠けるなどの症状がある場合はすぐに眼科に行く必要があります。

目にごみが入って痛むことがありますが、ここでは目が痛む症状がみられる目の病気について紹介します。

症状から考えられる原因・病気
  1. 眼精疲労
    目の奥が痛くなる
  2. ものもらい
    まぶたが赤く腫れる、など
  3. 角膜炎
    目の中の異物感、まぶしく感じる、視力低下など
  4. 緑内障
    視力低下、視野が欠ける、頭痛、吐き気など
  5. 屈折異常
    まぶしく感じる、目の前にごみのようなものがチカチカするなど
  6. 強膜炎
    白目が赤くなる、目の周囲の圧痛など
  7. ぶどう膜炎
    まぶしく感じる、目の前にごみのようなものがチカチカするなど
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

まぶたの腫れ
症状から考えられる原因・病気
  1. ものもらい(麦粒腫)
    まぶたの一部が赤く腫れ、痛みがでます。赤みが目立たない場合もありますが、指で押さえると痛むところがあります。広がるとまぶた全体が腫れてきたり、目やに、充血もでてきます。
  2. 眼窩骨折
    目を強く打ったことで眼窩が骨折することがあります。
    このような場合は、視力低下や物が二重に見える症状がみられます。
  3. バセドウ病
    眼球が突出する特徴がみられます。
    その他に、動悸、ふるえ、汗をかくなどの症状があらわれます。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

目の充血・目やに
症状から考えられる原因・病気
  1. 結膜炎
    結膜炎には細菌、ウイルス、アレルギー性のものがあり、アレルギー性結膜炎では目のかゆみを伴うことが多いです。

    結膜炎には流行性結膜炎、春季カタル、アレルギー性結膜炎などがあります。

  2. 角膜ヘルペス
    ウイルスによるもので、眼の充血や目やにに加えて激痛を伴います。新生児の充血の場合は新生児涙嚢炎、鼻涙管閉塞症の可能性も考えられます。

  3. 涙膿炎
    涙っぽい眼になり、白っぽい膿が見られるのが特徴です。

  4. さかさまつ毛
    さかさまつ毛であるとまつ毛が眼に入りますので、充血や目やにが起こりやすいです。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

目のかゆみ
症状から考えられる原因・病気
  1. 結膜炎
    ウイルス性結膜炎(はやり目)
    ウイルスが原因。激しい充血とめやに、痛み、涙が特徴です。他人に移さないように、手はきれいに洗う、目を触らない、タオルは家族と別にする、幼稚園・学校や仕事は休むなどの対策が必要です。抗生剤やステロイドの点眼で治療します。


    1.細菌性結膜炎
    ぶどう球菌などの細菌が原因。抗生剤の点眼で治療します。


    2.アレルギー性結膜炎
    花粉やハウスダスト、ペットの毛、コンタクトレンズの汚れ等が原因。 抗生剤、抗アレルギー剤、ステロイドの点眼等で治療します。


    3.アトピー性角結膜炎
    アトピー性皮膚炎に合併して起こる慢性角結膜炎です。目のかゆみ、充血、目やにといった症状はアレルギー性結膜炎と同様ですが、角膜にも炎症をおこしたり、白内障や緑内障、網膜はく離を合併して重度の視力低下をおこすことがありますので、要注意です。


    4.乾性角結膜炎
    乾燥が原因でおこる結膜、角膜の障害です。人工涙液やヒアルロン酸の点眼治療を行います。


    5. その他、外来の異物や紫外線等によっても結膜炎はおこります。
  2. ものもらい
    ものもらい(麦粒腫)の初期に、痛い感じよりも、かゆさを感じたりします。
  3. ただれ目(眼瞼縁炎)
    軽い炎症のときや涙の分泌が少ない場合にもかゆみを感じます。
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

目が疲れる
症状から考えられる原因・病気

疲れ眼とは、一時的な目の疲れをいい、一晩ゆっくり眠って目を休ませると、目の疲れは回復します。

眼精疲労とは、十分に睡眠をとるなど目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れがでてきたりするものです。

眼精疲労の原因としては、

1. 近視、遠視、乱視、不同視などの屈折異常や、老視などの調節異常

2. ドライアイ

3. パソコン等の使用によるいわゆるVDT症候群

4. 体調や精神的はストレスによるもの

など、さまざまです。

1については、めがね、コンタクトレンズの適切な処方で改善する可能性があります。

2については、ヒアルロン酸の点眼などで乾燥を防ぐのが効果的です。

3、4については生活習慣の改善が第一ですが、ビタミン剤や調節麻痺剤等の点眼も効果的です。

血圧が低くても目が疲れますし、眼底の病気、緑内障、結膜炎でも眼精疲労の症状がありますので、症状を感じたら眼科医の診察を受けることをお勧めいたします。

このページのTOPへ戻る

目がまぶしい
症状から考えられる原因・病気

角膜炎、角膜ヘルペス、虹彩炎、雪目、花粉症など。

  1. 角膜炎
    まぶしさが突然起こって、痛みも伴います。
  2. 角膜ヘルペス
    まぶしさと痛みが徐々に目立つようになってきます。
  3. 虹彩炎
    角膜周囲の結膜に充血がみられることが多く、視力が低下したり、目がかすんだり、光があたると痛んだり、まぶしくて涙が出たりなどの症状がおこります。虹彩炎では目の奥が痛んでまぶしく感じます。
  4. 雪目
    スキーなど、ゲレンデでによる紫外線で引き起こる雪目も角膜炎の一種で、数時間後に痛みを伴うことがあります。
  5. 花粉症
その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

眼球が動く
症状から考えられる原因・病気

先天的に眼球が左右に細かく振動してしまうもので、眼球振盪(眼振)と呼ばれます。
これは本人の意志で止めることができず、治療は難しいとされています。
眼振により目つきがよくない場合など、手術によってある程度治療できる場合もあります。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

ものに色がついて見える
症状から考えられる原因・病気

駆虫薬のサントニンを服用した後、一時的にものが黄色くみえることがあります。
また、白内障の手術で水晶体を摘出したとき、ものが青く感じてみえることがあります。
日中太陽の光のしたで過ごした場合などに、その夜、赤色フィルターを通してみるように、ものが赤くみえることがあります。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

色を識別できない
症状から考えられる原因・病気
色の区別ができない場合は、色覚異常の可能性があります。

色覚異常は赤緑青の3種類の色を感じる視細胞の垂体の働きが弱いことが原因で起こります。

垂体の働きで、1種類の色を感じる力が弱いと色弱と呼び、2種類の色を感じる力が弱いと色盲と呼びます。

色覚異常で最も多いのが、赤と緑が見えにくい色覚異常です。

【色覚異常の検査】
色覚異常の検査は、平成14年度までは学校の定期健康診断で行われていましたが、現在では行われていません。

当クリニックの色覚異常の検査は石原式色覚検査表を使用して診断を行います。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

視点が一致しない
症状から考えられる原因・病気

二つの目で同時に一つのものをみることができない状態を斜視といい、いろいろな形があります。

斜視の種類・・・内斜視、外斜視、交代性斜視、調節性内斜視など

片方の目の視力が極端に落ちている期間がつづくと、その視力のよくない目は斜視になります。

幼児にこのようなことがおこると内斜視になることが多く、幼児がやや成長すると外斜視になる傾向が一般的です。

片方の目だけが常に外を向いているとき、その目の視力は低下していることが考えられます。
ときには、両目とも視力がよいのに左右かわるがわる斜視になることがあります。これを交代性斜視といいます。

そのほか、生後1年くらいたってから両目が内側に寄ることがあり、その寄る程度は一定でなく、どちらの目が、とくに寄ると決まらないとき、調節性内斜視といいます。

斜視については、幼いうちに医師と相談をして、眼科医のなかでも斜視治療を専門にしている医師に治療を受けるようにしてください。

放っておいて、成人近くなってからの治療では、斜視は治っても、斜視による弱視は治りません。

なお、幼児のとき、斜視を早期にみつけることが大事です。そんなとき顔の正面からペンライトをあて、その光が両目のひとみ[瞳孔]の真ん中に映っていれば正常です。

その他いろいろな病気の可能性があります。出来るだけ早く眼科を受診して下さい。

このページのTOPへ戻る

ホーム | 内科 | 眼科 | トラベルクリニック・予防接種 | 健康診断 | 産業医 | クリニックのご案内
個人情報保護法 | リンク | お問合せ | サイトマップ | English
品川イーストクリニック - 予防接種 トラベルクリニック TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved

眼科-品川イーストクリニック 港区